So-net無料ブログ作成

命をつなぐために必要だったこと [通院期]

20170227.jpg


皆さんこんにちは!
今回はちょっとお話が遡ってしまうのですが、ひゃくが生まれてすぐのNICUに居た頃の話をさせて頂きます。

実はひゃくは、入院してすぐの頃に一度輸血を受けました。
先生のお話によると、しばらく様子を見ていましたが、やはり体内で血液を作り出す力が足りないため、このままでは成長に必要な血が足らなくなってしまうとのことでした。

先生の話し方の様子からも、「やむを得ずなのですが…」といった感じ。それは、輸血というのが一般的にあまり良いイメージが無いことを物語っていました。

もちろん私たちもそうでした。輸血によって被害を受けたニュースもいくつか見てきています。”輸血”の話を聞いた時、一番初めにそういった不安がよぎりました。

娘はAB型で私と同じだったので、母親である私の血を使う事はできないのかと相談しましたが、指定の機関から支給される血液のみを使うという規定があるようで、血の繋がった親でも輸血することはできないのだそうです。

色々と思う事はありましたが、やはり娘の命には代えられません。先生には宜しくお願いしますと輸血を了承する旨をお伝えしました。

そして、ある日ひゃくに会いに行くと、先生に輸血が完了した旨を伺い、「そうか…」と何となく複雑な気持ちになったのを覚えています。その後は特に問題はなく、今まですくすくと育ち、現在では生意気な2歳児に成長しました笑

輸血については色々な考えをお持ちの方がいます。宗教上の理由でも、輸血を拒否する方々もいらっしゃると思います。私の昔の知人にも、そういった理由で輸血が出来ないため、何かあった時のために、かかりつけの病院で自分の血液を保存しておいているという方もいました。

将来、ひゃくが大きくなった時にそういった方たちと接する機会があったら、一体ひゃくはどんな風に思われるのだろうか…忌み嫌われるような存在になってしまうのだろうか…とか今でも色々と不安になったりもします。

でも、今の元気なひゃくはその輸血があったからこそ存在しているのであって、然るべき機関でしっかりと検査をクリアした、親の血よりも安全な血液を頂けたからだと信じています。

ひゃくの生きる力になって下さった、AB型のどこかの誰かさんにはとても感謝しています。

今まであまり献血について興味が無かった夫婦ですが、機会を見つけては主人は献血に行っているようです。
ひゃくの居る手前、なかなか行けない私ですが、いつか私も行かなくてはなと思っています。(ほんとは私こそ行くべきなんですけどね…彼はA型だし…)

という訳で、今回は色々と考えさせられるテーマについてお話ししました!ちょっと重いお話になってしまいましたが、いつかお伝えしたいと思っていたことなので、書けて良かったです。次回はまたふざけた内容の日記になるかと思います…スミマセン笑

それでは!


【DHC直販サプリメント】女性に不足しがちな鉄分を効率よく補えます! ヘム鉄 90日分【栄養機能食品(鉄・ビタミンB12・葉酸)】【サプリメント サプリ 鉄分】
【第2類医薬品】ファイチ 120錠【楽天24】[ファイチ 貧血の薬/鉄剤/錠剤]【MEDCP】
鉄プラスコラーゲン ウエハース ココア味 18枚入[健康サポートウエハース ウエハース お菓子]【あす楽対応】


nice!(11)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 11

コメント 3

しゅわっち

まだ小さいお子さまの輸血
いろいろ考えることがおありだったことでしょう。
私個人的には、半年間でからだ全体の物質が入れ替わる
と聞いているので気にはしておりませんが
母親の輸血しないのサインはしております(^^;
まあ人それぞれですね。。
by しゅわっち (2017-02-28 08:42) 

ワンモア

 ブログは当時の大事な気持ちを留めておく自分の忘備録としても良いですよね。
 ちょっと真面目な話になって申し訳ないのですが、そこの教義では、信じていない人はみんな地獄に落ちるそうなので、輸血した人だけを忌み嫌うことはないはずです。血液は100日から120日、骨にしても2年から2年半で入れ替わってしまうのに変な話です。
 更に言うならば、輸血禁止にしたのはここ数十年の話で、それまでは輸血をして人命救助した信者を美談として載せていた事実(アメリカの冊子)があるのを日本の信者は知らないのですよ(;°皿°)
 聖書に記載されていないからといって禁止にしたりするのも変な話で、教義というのはトップの人間の都合でコロコロ変わるもんなのだなと気にしていません(笑)。
 はっきりいえば、あの人たちは他人を救済するというよりも自分が天国に行きたいために活動していると思います。人を助けずして何の宗教かです。
 長文失礼しました。
 
by ワンモア (2017-02-28 13:40) 

tsumi

【しゅわっちさま】
母親の輸血はしないという意思を伝えるサインということでしょうか…?そういったものもあるんですね!母親の輸血自体って一般的にはしないものみたいですね~私はドラマとかの見過ぎで、あり得る話なのかと思ってました笑
今まで全くそういったものについて判断を迫られることはありませんでしたので、深く考えたことはありませんでしたが、今回の事を通して、本当に様々な考え方があるんだなと思いましたし、全ての理想を叶える事って本当に難しいものです。
そんな時は自分にとって何が一番大事なのかを念頭に置いて、筋の通った行動を選びたいと思いました。
なんて、すみません真面目なコメントになってしまいました。。^^;

【ワンモアさま】
ワンモアさまは本当に色々な事をご存じで、毎回ブログでもとっても勉強させていただいておりますが、そんな歴史があったとは…!そう言って頂けると、気持ちが楽になりました!心強いお言葉ありがとうございます^^
最後の文章、「人を助けずして何の宗教かです。」…かっこいいっす!!
by tsumi (2017-03-01 15:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0