So-net無料ブログ作成
検索選択

GCUからの新しい課題 [通院期]

20161028.jpg


GCUへと移ったひゃくが、1日の生活の中で一番変わったことといえば、数時間に1回のミルクタイムです。

今までは胃から鼻に通されていたチューブで母乳を流し込まれていたものが、これからは直接自分で哺乳瓶から飲めるように訓練をしていかなければなりません。

もちろん急にそんなことができるわけではありませんので、保育器時代からずっとおっぱいを吸う訓練を続けてきました。

NICUのミルクタイム中には母乳を注入されながら、母乳で湿らせた太めの綿棒?みたいなものを口元に持っていき、チューチューと吸わせていて、これにより吸う力が日々少しずつ鍛えられ、GCUに来たときおっぱいを吸う練習が始めやすいようにしていました。

当然のことながら、みんながみんな急に哺乳瓶から飲めるようになるわけではありません。始めは哺乳瓶でチャレンジするのですが、飲むのに疲れると途中で眠ってしまったりするんですね~

そんなときには、残った母乳は胃まで通してあるチューブから直接注入します。

つまりある程度自力で飲めるようになれば、晴れてお鼻のチューブは取れるわけです。

体重が増えていけば自然と吸う力も付いてきます。こうして練習を繰り返しながら少しずつ普通の赤ちゃんに近づいていくんですね。

幸い、ひゃくは食についてはあまり問題の無い子でした。体重を増えやすくするためのマズイと評判の粉ミルク入りの母乳もごくごくと飲みましたし、私が心配していた哺乳瓶についてもあまり拒否らず、すんなりといきました。

この頃から食い意地が張っていたんでしょうねえ…笑

どっちかというと、母親の私のほうが結構苦労していた気がします。。

ミルクタイムになると、解凍して適温に温められた規定量の母乳が哺乳瓶に入った状態で母親に渡されます。そしてそれを飲ませるのですが、初めての赤ちゃんなうえに体は標準よりかなり小さく、首はぐらぐら。おまけに変な角度で飲ませると酸素の数値が落ちる落ちる…笑

ほんとに哺乳瓶を飲ませているときは、気にする部分がたくさんあって(自分が慣れていないということも多分にあるのですが…)結構大変だった記憶があります。

ちゃんと母乳を飲んだ後も、まだまだ気にすることはありました。すぐに寝かせてしまうと赤ちゃんの胃袋は徳利のような形をしているため、吐いてしまいがちなんだそうで、飲み終わった後も私はひゃくを抱っこし続けていました。

初めのころはホントにいつ置いていいかタイミングが分からず、次のミルクタイムまで抱っこし続けたこともありました。
すっげーーー肩とか腰が痛くなりました笑

だってだって、この頃はミルク飲ませてもピーピー、そっと寝かせてもピーピー…酸素の数値をはかるモニターの警告音に振り回されまくっていました。
あっ!と思って、置くのをやめたり、哺乳瓶を外したり、あのピーピーは今でもあんまり聞きたくないですね…

NICUの頃より、母親的にはやることが増えてうれしい反面、苦労も多かったGCU時代なのでした。

つづく

nice!(7)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 7

コメント 3

ワンモア

食べたり、飲んだりするって、
異物を体内に入れて消化してエネルギーに変えることだから、
実はすごいエネルギーとか体力がいることなんですよね(^^)
tsumiちゃんのブログを見ると、
当たり前のように思っていたことが、そうじゃないんだということを
気付かされます(^^)
by ワンモア (2016-10-28 19:34) 

tsumi

【ワンモアさま】
そうですね!ひゃくの当たり前ができない時代を考えると、ほんとに今は大きくなったなあ…と痛感します。
走り回ったり、物を投げたり、破壊したり…そんなことはどうでもよくなってきますね!(いや叱るんですけどね笑)
by tsumi (2016-10-30 02:47) 

しゅわっち

ミルクの食い意地、笑えますよねぇ、我が家もそうでした♪
というかずーっと続いておりますが(^^;
飲む量が多いと余計に吐くのが心配かも。
でも良いお疲れでしたね(^.^)
by しゅわっち (2016-11-05 06:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0