So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

今までの成長ふりかえり(3) [日記]

20180217-1.jpg

どうもお久しぶりです!

前回お話しした身長についてに続いて、心配だな~と思っていることのもうひとつ、ことばの遅れについて今回はお話ししたいと思います。

実は、ここ1~2年で一番私が心配していたこと、それが言葉でした。

一般的には1歳過ぎるころから徐々に出てくるという言葉、確かにひゃくも一歳過ぎた頃に単語が出始めたのを覚えています。

一人で「いないいない~ばあ!」とつぶやいて遊んでいたのを何度か見かけて、

「もうすぐおしゃべりし出しそうだな~」

なんてのんきに構えていたのですが、なんと不思議なことにその後言葉が出なくなってしまいました。

俗に言う〝言葉が消える”というのでしょうか。気付けば、いないいないばあも言わなくなってしまいました。


一歳半になる頃にはなぜかおしゃべりがさっぱりになってしまい、発する言葉といえば「ジョージ」くらいでした。。

なんと、ママ、パパを差し置いて、一番初めに読んだ名前がおさるのジョージ…

悲しいことに両親がおサルに負けてしまいました泣


2歳前まではほんとにこの単語しか言わなかったくらいですね…

さすがにこの頃になると、担当の先生も心配し出しました。

「このままあまり言葉が進まないようでしたら、療育に通うことも必要になるかもしれませんね…。」

と言われ、ショックを受けた記憶があります。
そこまでひゃくは遅れてしまっているのか…と、その時は落ち込んでしまいました。


2歳の時代は、ゆっくりと言葉は進んでいきました。単語がちょっとずつ増えていき、「ママ」とか「できた!」とかいろいろ話すようにはなってきましたが、周りのことを比べるとまだまだ。

コミュニケーションがとれるという段階には至っていないため、ワガママMAXの2歳の時代と重なって、まさに魔の二歳児といった感じでした…泣

唯一の救いだったのが、ひゃくは私の性格にそっくりということ笑
このおかげで、今どんな気持ちなのか、どんなことが嫌なのかなど、結構察することができたので、出先で不機嫌になり泣き叫ぶなどといった、不測の事態はかなり避けることができました。


3歳になった去年の7月に、主人の実家に帰省した際ちょっと驚くことがありました。

祖父が、ひゃくに色々おもちゃを買ってきてくれた中に“あいうえおパズル”があったのです。

「おしゃべりもままならないのに、あいうえおなんてまだ早いんじゃないかな~?」

と、私はあまり期待していなかったのですが、ひゃくはパズルにすぐさま食いつき、どんどんと平仮名のピースをはめて遊びだしました。

その様子を祖母とほほえましく見ていたのですが、なんと「ま…、か…」と、ぽつりぽつりと読み上げながらはめていくではありませんか!

私と祖母は突然のことに、とてもびっくりしたのを覚えています。

思い返せば、我が家にはリビングやお風呂にあいうえお表が貼ってあり、それをじっと眺めているのを良く見かけていたのですが、私が横で読み上げて教えてあげても無反応だったので、「聞いてないな~」なんて思っていました。実は聞いていたようですね。

市の保健士さんにこのエピソードを話したとき、

「ひゃくちゃんは、目(視覚)から先に言葉が入ってくるタイプなのかもしれませんね!」と言われまして、

「あ~そうなのかもしれないなあ…」
と思いつつ、これをきっかけに言葉が爆発的に増えていくことを期待しました。


…が、思ったほど伸びず。。

状況はあまり変わらないまま、3歳3か月を迎え、病院で発達検診を受けることになりました。

未熟児の場合、実際の年齢ではなく、週生(しゅうせい)といって、元々の出産予定日から日数を数えて発達を見るのが一般的です。

ひゃくはもともと10月出産予定だったため、7月ではなく3か月後の10月に検査を受けることとなりました。


担当の先生的には、週生で数えて3歳までに2語文(リンゴ赤いとか、ごはんおいしいなどの文章)が出ないようであれば、療育施設で一度診察をしてもらった方が良いと考えていたようです。

結局、言える単語はだいぶ増えましたが10月までに2語文は出ず、その際に受けた発達検診の点数もあまり良くなかったため、療育に予約の電話を入れるようお話しを受けました。

療育施設は、さまざまな障害を持った人たちのリハビリやサポートを行うだけでなく、ひゃくのような言語や運動などの発達の遅れが見られる子供たちに対しても様々なサポートをしてくれるとのことでした。

まずは、施設の先生に診察していただき、療育でのサポートが必要かどうか相談することに。担当の先生が、療育の先生宛に紹介状を書いて下さることになりました。


全然知らなかったのですが、療育はかなり混みあっている施設で、なかなか予約がとれないものなんですね。

先生から話をうけ、すぐさま10月に予約の電話をしたのですが、なんと予約がとれたのが来年の2月!すごい…4か月先です…

しかも、電話口で「この施設は自閉症や障害を持った方が利用するところですが、本当に受診されますか??」とまるで「いいんですか?あなたに利用する資格あります??」みたいな感じで、かなり脅されました笑

こちらとしても、紹介状という強みがありましたので、「先生から紹介状を頂いています!」の一点張りで何とか予約を取ってもらえました。

それだけ、診察を希望する方が多いんでしょうね。確かに施設側としては、診るほどではないくらいの軽度の発達の遅れの子たちに対して、わざわざ時間を割きたくはないですよね。お気持ちは分かります。


とにもかくにも、その療育の診察日というのが今月の2月。
実は先日、診察を終えてまいりました!

次回、その詳細と結果についてお伝えしたいと思います。

それではまた!
nice!(18)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

今までの成長ふりかえり(2) [日記]

20180130-1.jpg

運動面ではあまり心配は無かったひゃくですが、実は発達において心配な点はいくつかありました。

そのひとつが、前回お話しした身長についてです。

産まれた時から小さいひゃくですが、1歳半くらいまでは身長体重ともに順調に成長していました。しかし、2歳ころから特に身長の伸びが緩やかになってしまったのです。

現在、3歳になりましたが、いまだ身長85センチ、体重は10キロほど。同年代の子と並ぶと、やはり一回り小さく感じます。

2、3か月に一回入院していた病院で定期検診を受けているのですが、成長曲線から少しずつ離れていく身長について、先生はずっと気にかけていました。


そして去年の夏ごろに、3か月で1センチペースでしか伸びていない最近のひゃくに、

「このままあまり身長が伸びないようであれば、成長ホルモンの投与を検討した方がいいかもしれませんね」と言われたのです。。


よくよく調べてみれば、成長ホルモンとは注射で投与するもので、しかも毎晩寝る前に子供のおしりに注射するとのこと…

毎日、しかも嫌いな注射をおしりに…

私も注射があまり好きではないので、なんだかとても可哀想に感じてしまいました。


普段あまり口を出さない主人も、ホルモン注射については難色を示していました。

副作用が無いわけではないという話を聞いたことで心配になったのと、できるだけ自然な形で成長させてあげたいという想いがあったようです。

結局、一か月後の診察の際に成長ホルモンの専門の先生(分泌科だったかな?)にも診察してもらうことに。
その来月の診察の為に、採血をしてその日は帰りました。


自宅へ帰り、色々考えた結果、

「ホルモン注射をしたくない意思を次回の診察の時に伝えよう…」

と心に決め、不安でモヤモヤとした気持ちのまま、一か月を過ごしました。


ホルモンの話をされた際に「身長を伸ばすために摂った方が良い食材などありますか?」と先生に聞いたところ、

「特にありません。バランスの良い食生活を心がけてください」と言われました…苦笑

先生的には牛乳もカルシウムも身長には直結しない、ということなんでしょうね…今まで信じていたカルシウムとは…?泣

そんなやりとりがあったため、身長を伸ばすための工夫は特にせず、平凡に一か月は過ぎていきました。



いよいよ、診察の日。
その日は、分泌科の先生→いつもの担当の先生という順番で診てもらうことになり、まずは初めての先生とご対面です。


ホルモン嫌なこと、ちゃんと言えるかな…


その日は主人はおらず、私とひゃくだけだったので、私が勇気を出して言うしかありません。

覚悟を決めて診察室に入ると、物腰の柔らかそうな、若い男性の先生がいらっしゃいました。

先生は先月採ったひゃくの血液データを既に見ていたようで、

「血中の成長ホルモンはしっかり分泌されているようですし、このペースの伸び具合なら、ホルモンは要らないと思いますよ!」という説明を始めにしてくださいました。


これには、断ろうと息まいていた私も拍子抜け。

一瞬フリーズしてしまいましたが、ホルモン不要という言葉に思わず安堵の声が漏れました。


「念のため、半年後くらいにまた様子見てみましょう!」
という内容で、あっけなく診察は終了しました笑


先生に詳しく聞いてみれば、成長ホルモンはもともと体に必要なものをプラスしていく治療なので、うちの主人が思っているような、体に異物を入れるようなイメージで心配をしなくてもよいとのことでした。

ただ、副作用が出てくる可能性は否定できないとのことでしたので、半分安心、半分心配といった感じではありましたが…

お話を伺ってみて、今後ひゃくにとって必要だと判断された場合には、やはりやっていかなければならない物なんだろうな…とは感じました。

ちなみに、注射ではあるものの、針はとっても細く痛みはほとんど無いそうです!そんなに怖い存在ではないということを、先生は色々丁寧に説明して下さいました。

でもやっぱり、しないで済むに越したことはないですよね。

これからも順調に育っていってくれることを願ってやまないのでした。


色々、(好きなもんは)食べてるんだけどな~~~
横にばっか伸びたらどうしよう…苦笑

身長については、現在こんな感じですね!心配はありますが、気長に成長を見守っていこうと思います。

それでは、今回も長くなってしまいましたので、続きはまた次回…

今度は“ことば”についてお話したいと思います。
それでは!
nice!(16)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

今までの成長ふりかえり(1) [日記]

20180126-1.jpg

どうもお久しぶりです!

明けましたね~新年!また新たな気持ちで今年もマイペースで更新していきたいと思います!笑

ひゃくも3歳になり、いよいよ今年の春から幼稚園。ここまでの3年間はいろいろありました。

とはいえ、話題の量としては入院中がピークでして、退院後のお話も詳しくしたいとは思うのですが、幸いなことに(?)ブログでご紹介するような大きな事件もあまりありませんでした。

ですが、決して順風満帆な子育てというわけではなく、悩みや心配事は常にありました。

今回は、今までのひゃくの成長ぶりを簡単にまとめつつ、振り返ってみたいと思います!

まずはざっと箇条書きにしてみると…

【すごいな~と思う点】
・運動能力の高さ
・あきらめないこころ

【心配だな~と思う点】
・身長の成長具合
・言葉の進み具合

とこんな感じなんですよね。
これからそれぞれ詳しくお話ししていきます!

まずは、すごいな~と思うところについて。


2000グラムとちょっとで退院して、小さな体からスクスクと成長したひゃくですが、運動面での発達は著しいものがありました。

はいはいの期間は少し長いかな~とは思いましたが、すぐに立ち上がるようになり、自分で好きなように歩けるようになると、少しずつやんちゃぶりが露呈されてきました笑

公園では、少しでも高いところに登ろうとするし、段差があればすぐに登る&ジャンプの繰り返し…
小さい体に反して、アクティブなひゃくは、しばしば知らないお母さんに驚かれていました。

しかも、登れなかったり、自分の力でクリアできなかった場所は、できるようになるまで繰り返しチャレンジしていくハングリー精神…

スポーツの世界では素晴らしい姿勢だと思いますが、ここは公園。みんなで遊んでるのに、いつまでも同じ場所でモタモタウロウロされると、ほんとーに邪魔です笑

周りの子たちに謝りながら過ごす、母親の身になってほしいと常々思っていました。。泣


3歳になってからは、ほとんどの動きができるようになってきて、私も大分放置して見てられるようになってきました。公園も持て余すようになってきたので、体操教室に入れてみたところ、とっても楽しそうです。

ただ、体操教室では逆立ちですとかレベルの高いことを教えているようで、最近はソファでも布団でも突然逆立ちにチャレンジするように…今後も(色んな意味で)目が離せませんね!泣


長くなってしまいそうなので、今回はすごいな~と思う点のご紹介だけにしておきます!

次回は、心配だな~と思ってることについてお話ししていきたいと思います。

それでは!
nice!(18)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

ひゃくのおもちゃランキング!【2017年】 [日記]

みなさんこんにちは!

前回お話しした通り、今回は今年の総まとめとして、ひゃくが最近気に入っているおもちゃを紹介したいと思います!

もう興味ないのは知ってますが、どうぞお付き合いください!!

それでは参りましょう!
まずは第五位!
20171225-1.jpg

駄菓子屋とかで売っている、ラムネ菓子付きのメガネのおもちゃです。

私は車を運転するときだけメガネを掛けるのですが、前からメガネの存在が気になっていたらしく、お店のサングラスとかをかけるような仕草が目立ってきたので、どうかな?と思い買ってみました。

予想通りかなり気に入っているようで、取り出してはしょっちゅうかけています。
…が、いつも上下逆で落ちそうになるので、両手が離せません笑
う~んおまぬけさん!

レンズが黄色なので、掛けてみると景色がぼやけた黄色になります。


続いて、第四位!
20171225-2.jpg

ファミレスに食事に行くと、たまにおもちゃがもらえるお店があるのですが、大きなかごの中で一つお好きなのを~というパターンが多いです。

ちょうどそのころ、おさるのジョージの中で結構カメラを使うシーンが多くて、興味が湧いてきていた時期でした。カメラのおもちゃをかごの中に見つけ、試しにあげてみたら大ハマり!

その日から、ひたすらいろんな場所を撮影しまくるカメラマンになりました笑

しかし、カメラの正面を本人が見たいため、ハイチーズ!と言って撮ると、自分側にレンズが向いて、毎回自撮りしてる感じです。


それではどんどん行きましょう!
第三位は!
20171225-3.jpg

これまたファミレスのおまけです。
「タマゴを割る」という行為が気になるようで、お菓子売り場で卵の容器のチョコをしょっちゅう手に取っていたので、「あ!卵型のおもちゃがある!」と思い、中身も確認せずひゃくに与えてみました。

割ってみると中からあんまり可愛くない恐竜の人形…なんでも頭をグッと押すと目玉が飛び出す仕組みのようで、押してみたらさらに可愛くなくなりました笑

あれ~失敗したかな…と思いましたが、ひゃくには大ハマり!それからはお気に入りのおもちゃに仲間入りしました。

ちなみにひゃくが恐竜の頭を押して目玉を飛び出させて遊んでるときは無表情です(楽しいのか…?!)


さあ~気になる第二位は!?
20171225-4.jpg

意外にも、あいうえおパズル!急に知的なおもちゃの登場です笑!

パズルというより、ひらがなとか文字に興味があるようで、買い与えてから一か月経たないくらいでほとんど読み上げてはめられるようになっていました。子供ってすごいなあ。

これを始めると大体全部はめるまで遊ぶので、結構時間稼ぎになります。

ちなみに発音としては「ら行」が苦手なようです。ら行だけ、もごもごって濁して言いがちです笑


それでは、いよいよ気になる第一位!!!
20171225-5.jpg

なんと!何の変哲もない風船でした!!

今思えば、ひゃくがコンビニで初めておねだりした物だったと思います。
ひゃくはあんまり「これほしい!」って意思表示しないもんで、いつも私が好みを察しながらお菓子など買っていたのですが、初めてコンビニのお菓子売り場で風船を見つけた時に、おもむろに渡してきて、「これを買え」と言ってきました(目で)。

結局、買った風船は家で全部膨らまし、いつでもポンポントスをして遊んでいます。一緒にポンポンたくさん投げてあげると大興奮です。

結局、シンプルな遊びが好きなんだな~と思いました。


以上がおもちゃランキングでした!

振り返って思ったのは、

意外と緑好きか?ということと、(他にもカエルのおもちゃとか好きなんです)
全部やっすいおもちゃ…ということでした!

気合い入れて買った良い奴は結局すぐに飽きてしまうようです…
親の心子知らずといったかんじですね!

来年はきっとさらにおもちゃのトレンドは変わってるんでしょうね…今から楽しみだなあ。

今年の投稿はこれで最後になる予定です…
ゆっくり更新のこのブログを、いつも見てくださってありがとうございました!

来年もよろしくお願いします!
良いお年を!


nice!(17)  コメント(4) 
共通テーマ:育児

ひゃくのお菓子ランキング!【2017年】 [日記]

みなさんこんにちは!

あっという間に今年も終わってしまいそうですね!
いや~早い早い!びっくりしてしまいますわ!

この1年でひゃくもいろいろと成長しました。中でも食生活、特にお菓子の好みはずいぶんと変わったな~と感じています。

そこで今回は、今年の総まとめとして、最近のひゃくの好きなお菓子ランキングを発表したいと思います!

え?そんなのどうでもいい?

…はい!それでは参りましょう!!
まずは第五位から!
20171222-1.jpg

もはやお菓子の王道「じゃがりこ」です!
最初は、主人のおつまみで買ってたのですが、次第に一緒に食べるようになり、気づけば大好きなお菓子に…結構硬いのにガリガリと食べてます笑

でも意外とじゃがりこってすぐに無くなっちゃうんですよね。
ハイペースで食べちゃうので、これはもったいない!と思い、最近ではサッポロポテトの大袋をちょっとずつお皿に出すようにしました。

サッポロポテトも同じくらい好きですね!どちらもウマイ。


そしてお次は第四位!
20171222-2.jpg

あまりご存じない方も多いと思いますが、「つぶグミ」という子供向けのお菓子です。4か5連で繋がった小分けのお菓子なんですが、最近何となく買ってみたら、意外とハマっているようです。

この感じだと、2位3位も狙えそうな勢い!

大人でも結構おいしく食べられます。大容量パッケージ欲しい!


それでは行きましょう!第三位!!
20171222-3.jpg

意外にもヘルシー駄菓子!おしゃぶり昆布です。
中でも「とろべ~」というお菓子が美味しくて気に入っています。

おしゃぶり昆布って意外と硬いの入ってて、まだひゃくには無理だな~と思うのですが、本人は味が好きなようで、一生懸命かじる→オエッてなる という事が何度かあり、柔らかい昆布を探していたところ、とろべ~に出会いました。

これはほんと美味しい~!私もつい食べちゃいますね。
しかもカロリー控えめで、心おきなく与えられます。

ただし、消化に悪いので、食べすぎると気持ち悪くなったり、ご飯が入らなくなるなどの問題が発生するので注意が必要です。


それでは、いよいよ第二位!!
20171222-4.jpg

3歳になってからの、チョコレート解禁はひゃくにとってかなり大きかったようで、チョコチップ入りのハイカロリークッキー「カントリーマアム」が大好きになってしまいました。

あれも美味しいですよね~~大人にとっても悪魔の食べ物です笑

最近知ったんですけど、カントリーマアムの中がしっとりしている秘密は、材料の中になんと「白あん」が入っているからなんですね!原材料を確認して結構びっくりしました!

言われてみれば、あんこのしっとり感に似てるかも…と変に納得してしまいました。実は和洋菓子なのかもしれないですね笑


いよいよ輝く第一位です…!!
20171222-5.jpg

あ~~~~やっぱりこれでしたね~~
以前ブログ内でお話ししましたが、(6/28の記事参照)私がハマっているチョコレートを未だに欲しがります。

もう箱で分かるので、持ってくるとそばにやってきて分けてくれるのを待っています。(犬か!)

やっぱりチョコレートって魅力的なお菓子なんですね~
現に私もハマってますしね。
実はまだハマっているので、冷蔵庫にはいつも3枚以上常備してます笑


と、いうわけで2017年のひゃくのお菓子ランキングでした!
一位は予想通りって感じでしたかね?!

ブログを始めたころは、麦のポン菓子とか結構赤ちゃんよりなお菓子が好きだったのに、随分と成長したなあ…と今回振り返って感じました。
来年はどう変化しているか楽しみです!

次回は、ランキングシリーズ「ひゃくの最近好きなおもちゃ2017年版」を発表したいと思います!

え?興味ない??

…それではまた次回~~~!笑

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

帰宅初日…! [0歳期]

20171209.jpg

みなさんこんにちは!

前回は、やっと退院したときのお話をすることができましたが、今回は退院日のその後についてお話ししたいと思います。

GCUの部屋を出た後、病院の窓口で退院の手続きを終え、父の車で我が家に帰ることになりました。

初めて乗るチャイルドシート。ベッドよりもくぼみが深いので、首が苦しくないか心配でした。乗せた時に少しぐずったので焦りましたが、走り出したら落ち着いたので一安心。

このときの父の運転はもう、めちゃくちゃ丁寧というか、おっかなびっくりというか…笑
普段から普通に安全運転の父ですが、ひゃくに何かあったらと思うと、運転にも力が入ったそうです。すっかり心配性のじいさんと化していましたね笑

でもやっぱり、11月ともなると外は乾燥し始めてましたし、インフルエンザなども流行っていましたので、電車やバスを利用しなくて良かったですね。いつも口うるさいじいさんですが感謝です。

ありがたいことに、自宅までの1時間はひゃくはほとんど寝ており、無事に帰宅することができました。


ひゃくにとって産まれて初めての我が家…

「やっと帰ってこれたね!おかえり!!」

と、声をかけてあげました。(寝てたけど)


用意していたベビーベッドに寝かせ、みんなほっと一息。主人も、両親も、慣れないイベントだらけで少し疲れていたことでしょう。

家に着いて、すぐに目を覚ましたひゃく。早速、じいさんとばあさんに抱っこしてもらい、初対面を喜んでいました。

「お前たちみんな疲れているだろうから、今日はもう帰るよ。」と、お茶を一杯飲んで両親たちは帰っていきました。

さらに偶然なことに、その日は東京で親戚の結婚式があるとのことで、その後主人の両親&祖父祖母も自宅に登場!
一気に両家のじいちゃんばあちゃんと、さらにはひいじいちゃん&ひいばあちゃんにも対面できることとなりました。

福島の豪雪地帯にお住まいの祖父祖母の元には、今年の年末は遊びに行けないだろうと思っていたので、会わせることができて良かったです。

中でも、主人のお母さんは男の子しか産んでいなかったので、念願の女の子の赤ちゃんは可愛くて仕方なかったようです。とっても嬉しそうにしてくれました。

みんな口を揃えて「小さいね~!」と言いながら、抱っこしてくれました。

無事退院できたとはいえ、まだ体重は2キロほど。
新生児の中でも小さいサイズでした。まあ、ここまで育ってくれただけで嬉しかったですけどね!

主人のご家族の皆さんも、結婚式の時間があるので、1~2時間ほどで帰っていきました。結局、夕方には家の中に3人だけの状態に。

そしてドキドキしながら、お風呂に入れて(以前お話ししましたが、病院の設備のレベルが高すぎて、自宅での入浴は楽々だったため、特にお話できるような事件も起きませんでした苦笑)、9時くらいにはお布団に…

残念ながら通院の間にどんどんおっぱいの出る量が減ってしまったため、退院時にはミルクとおっぱいの混合に。
寝る前にたっぷりミルクを飲ませて、おっぱいで寝かしつけしました。



…が!

全然寝ない!!おっぱい離すとすぐ泣いて起きちゃう!!
早く寝てくれ~~~~~!

と、こんな具合で自宅での初夜は、私は布団に横になれず、ずっと座ったままでうつらうつらとひゃくにおっぱいをあげていました。

し、しんどい…
私は今までなんと恵まれた環境にいたのだろう…

産後だというのに、今までたっぷり朝まで寝れて…
世のお母さんたちは、産んだ直後からこの苦行が待っているのか…

すげえ、すげえよ……お母さん…;;

と、こんな感じで改めて母の凄さと大変さを痛感しました。


これから、毎日こんな感じなのかな~
まじで寝れない…しんどすぎる…

母が翌々日の月曜から手伝いに来てくれる予定でしたが、退院日翌日の日曜日は主人と私だけ。
もっと幸せなママライフかと思ったのに~~~泣(こんなんばっかですね笑)と思いながら、日中ゲッソリした感じで過ごしてしまいました笑


また今日も寝てくれないのかな…
と考えながら、夜が来るのを恐れていました…


ところが、日曜の夜はなんと普通にぐっすり!!!

どうやら、慣れない環境に初日は寝れなかったようですが、次の日には順応したようです。。

慣れるにしても1日って早くね?!

とにもかくにも、その後は普通に夜ぐっすり眠るようになり、あまり夜泣きで悩まされることはありませんでした。よかったよかった。

しかし、お子さんによっては夜泣きが日常の子も少なくないはず。
寝たいのに寝れない…本当に愛情が無いと乗り切れませんね。これは辛いです…



そんなこんなで、無事ひゃくは我が家の住人となりました!

退院してからは、面白い・変わった出来事がガクッと減ってしまったので、ポツポツと思い出したことを今後も書いていく予定ですが、今後は現在の状態をお伝えする日記がメインになると思います!

マイペースな更新は変わらずになりそうですが、もう少しお付き合いいただければ幸いです…

それではまた!
nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

初七五三! [日記]

みなさんどうもお久しぶりです!
長い事、更新を空けてしまい申し訳ありませんでした…!

11月は、ひゃくの幼稚園入園願書提出、私の弟の結婚式、そして初めての七五三とイベント目白押しでした…疲れた笑

これから、少しずつそれぞれのイベントについてお話ししていきたいと思います!

まず今回は、三歳になったひゃくの七五三についてです。

もうなんとなくお分かりになる方もいらっしゃるかと思いますが、七五三でもひゃくの面白エピソードはもちろんありました…笑

20171130-1.jpg


20171130-2.jpg


20171130-3.jpg


20171130-4.jpg


20171130-5.jpg


20171130-6.jpg


三歳でもお利口さんに着物を着ている子ももちろんいましたが、いろんなところを登ったり、ジャンプしてしまうひゃくには無理な話でしたので、洋服にしました。
レンタル品を破いたり、汚したりしたらと思うとゾッとしますしね!笑

一番恐れていた祈祷中に泣いたり騒いだりは幸い起こらなかったので、ほっとしています(レベル低…)

こうして、晴れて七五三の祈祷を済ませ、お札とお守りを頂いて帰りましたとさ!
めでたしめでたし…!?

nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

夏の思い出 [日記]

どうもこんにちは!
季節はすっかり秋になってしまいましたが、今年の夏休みは皆さんお出かけなどしましたか?

今年の夏、我が家は私の両親と一緒に三重のお伊勢参りに行ってきました。
とっても素敵なところで、旅行自体はとても楽しかったです!^^

今回は旅行先でお世話になった、宿泊先での思い出話をしたいと思います。

それは、施設の大浴場を利用した時のことでした…


20171014-1.jpg


20171014-2.jpg


20171014-3.jpg


20171014-4.jpg


20171014-5.jpg


20171014-6.jpg


20171014-7.jpg


どうやら内風呂で熱くなって、水風呂と交互に入っていたようです。

上級者のようなお風呂の楽しみ方をしてるなあ…と、その時変に感心してしまいました笑

それではまた!
nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

退院当日!(後編) [通院期]

20170928.jpg


無事退院許可を先生から頂き、晴れやかな気持ちでひゃくのもとに戻った主人と私。

すると、ヤマオカさんが一枚の紙を持ってきて、ひゃくの肺が今どのような状態なのかを説明してくださいました。

ざっくりいうと、肺機能が低いために、心臓にも負担がかかってきてしまうので、普通の子より気を付けてあげなければいけないということでした。(すみませんざっくりしすぎですね…汗)

平常時は問題ないですが、カゼなどを引いたときに悪化しやすくなるそうで、今は大丈夫でも、最悪の場合は酸素が再び必要になってしまうこともあるとのこと。

家に帰った後も、カゼをひかないように湿度や温度調節など気を付けてほしいという内容でした。

なるほど…家に帰ってからもまだまだ油断ならない。。気を付けないと…



「では、退院の支度をしましょうか!」

ということで、いよいよお着替え。
今着ている柔道着のような服は、病院のものなのでお返ししなければなりません。

そして、いよいよ3か月以上ずっと体にまとわりついていた、モニターなどの様々なコードやチューブを外していきます…

これで見た目はすっかり普通の赤ん坊に。嬉しいなあ。心なしかひゃくもすっきりした表情をしている様に感じました。

初めて着せるベビードレス…
女の子なのでフリフリ~のものを選んでも良かったのですが、私の好みでシンプルなものになりました。ごめんよ。

でもやっぱり赤ちゃんですね~~こういう服を着せると可愛い~~(親バカ)

帽子も付いていたのでつけてみたら、まあ~赤ちゃんですね~~笑

看護師さんにも「かわい~~!」と好評でした。…が、あごのひもがかゆかったのか、即行でひゃくに取られてしまいました笑 残念!



「出る前にちょっとおっぱいあげていきますか?」と聞かれたので、

「そうですね!あげていきます!」
と最後の授乳室へ。

新生児はこまめにおっぱいあげないといけないので、帰る前に念のため授乳することにしました。

この部屋で授乳するのも最後…
そうなったら、なんだかこの狭い部屋にも愛着が湧いてきました。

いろいろあったな~…最初は、おっぱいをくわえること自体大変だったのにな…

と感傷に浸りながら、あっという間に授乳終了。


部屋に戻ると、ひゃくの寝ていた保育器の周りはすっきり片付いて綺麗になっていました。

ヤマオカさんから最後に、お話ノートと木箱に入れられたへその緒を渡されました。

おお~ひゃくにもへその緒があったのか…!
ちっちゃくてカピカピで、言われないとへその緒って分からないくらい。

私も昔、母から自分のへその緒を見せてもらいましたが、ああいうのって当の本人は意外と「いらね~!」って思うんですよね笑
私も当時、いらね~!って思ってました。

でも、ひゃくのへその緒をもらったときに何だか嬉しくなりました。
「この子を産んだんだぞ!」っていう勲章をもらった気分でした。

もしかしたら、へその緒って“お母さんの記念”という役割の方が大きいのかもしれませんね。
将来ひゃくはいらないと思うかもしれませんが、私はもらえて良かったと思いました笑


いよいよ荷物を持って、退院です!

と、色々な思い出が走馬灯のように巡り、GCUを出た辺りから私は感極まって泣いてしまいました笑
ダメですね…大人になってから涙もろくなりました笑

行きに通った手洗い場にさしかかると、「もうこの場所には来ないんだ…」という気持ちが爆発…まるで卒業式の気分です。

GCUとNICU共同の出入り口まで、ヤマオカさんをはじめとしたその場にいる看護師さんたちがお見送りに来てくれて、その頃にはもう私は涙でぐしゃぐしゃ…笑

出入り口で待っていてくれた両親と、主人は、スタッフの皆さんにお礼と挨拶をしていました。私もしたんですが、もうグダグダでしたね…あんまり風景を覚えてないです笑

ヤマオカさんも少しウルッとしてくれた(のかな?)様子で、「定期健診に来たときは、ぜひここに遊びに来て下さいね!」と、笑顔で私たちを見送ってくれました。

本当に皆さん素敵なスタッフの方たちでした。この病院にお世話になって良かった…と今でも思っています。



そんなこんなで、無事に退院を迎えたひゃく。
これにて入院編終了となります!
結構、記憶も曖昧で雑な表現になってしまった部分もありましたが、お許しください。。
恐らく病院によって対応は様々かと思いますので、参考程度に読み流してくださいね!


次回はちょっとだけ、後日談をお話しする予定です。

長い間、お付き合いくださりありがとうございました!
nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

退院当日!(前編) [通院期]

20170927.jpg


前回お話した金曜日から一夜明けて、いよいよ土曜日!
待ちに待った退院日がやってきました!

この時まだ我が家は車を持っておらず、電車とバスを乗り継いで病院まで行かなければならなかったのですが、

「そんな小さいひゃくを、電車やバスに乗せるわけにはいかん!」

と、私の父が車を出してくれることになりました。
ちょうど自宅と病院の間に実家があったので、実家に寄ってから、みんなで病院へ!

両親はGCUには入れないので、窓越しに様子を見ながら、部屋の外で待っていてもらいました。

いよいよ最後の入室。荷物をロッカーに入れて、手を洗って、消毒して…

毎日繰り返していた、入室前のこの一連の作業も今日でおしまいです。なんだかちょっと寂しい気持ちになったのを覚えています。

今日は一つ荷物を多めにGCUに入りました。そう、ひゃくのベビードレスを持ってきたのです!

一般的にはお宮参りの時などに着せる、真っ白でレースが可愛いベビードレスですが、ひゃくにとっては退院時の一張羅となりました笑

気になるひゃくの様子は…というと、昨日とは打って変わって平常運行!笑
元気に手足をばたつかせていました。

酸素の値も悪くないようで、酸素マスクも外されていました。

「おはよう~~いよいよお家に帰るよ!」

と声を掛けます。
なんだか嬉しそうな表情(に見える)。

と、そこへヤマオカさんが登場!

「おはようございます!いよいよですね!」

ヤマオカさんも自分の事のように喜んでくれていました。最終日にちゃんとお会いできて本当に良かったです。

「最後に先生からお話があるので、旦那さんも一緒によろしいですか?」

と続けられました。


お話か…

思えば、先生との別室でのお話にはあまり良い思い出が無いもので、ちょっと緊張といいますか、心臓がドキッとしました。


ひゃくの帰り支度の前に、早速別室へ移動…。
そして、しばらく待っていると先生がお部屋にいらっしゃいました。

「おはようございます。いや~すみませんお待たせしちゃって!」


いよいよ話がはじまります。

酸素のレンタルについてや、昨日のCTの結果など気になることがいっぱいで、退院日だというのに、リラックスして聞けるような状態ではありませんでした。

想像では、退院当日はもっと晴れやかな気分で過ごせると思っていたのに…やっぱり、そんなに甘いものではないですね。

「それで、肺の具合についてですが…」

ゴクリ。。

「最近、酸素の数値もとても安定してきているので、もう大丈夫かな。レンタルはしなくて良いと思います!」

「ほんとですか?!良かった~…!」
と、思わず安堵のため息をもらしました。

この入院生活で一番大きなテーマだった肺の発達具合。最後の最後でOKをもらえて本当に安心したのを覚えています。

そこからはたたみかけるように、CTについての説明がありました。
「CT画像を見る限りでも、脳の出血は再発していないようなので、もう問題ないと思います。今日退院しましょう!」

やった~~~~~!!

別の意味で涙が出そうになりました。どっちも問題なかった…ほんとうによかった…

「しかし、未熟児の子は普通の子に比べ、肺が未発達なのは確かです。後でヤマオカさんから、肺の状態についての詳しい説明をしますから良く聞いておいてくださいね。」

と、いう内容でお話は終了。

無事に退院できることとなりました!


こっから長くなりますので、続きは後半へつづきます…
もう少々お付き合いください!

つづく

nice!(8)  コメント(3) 
共通テーマ:育児
前の10件 | -